2011年01月09日

長崎で休暇中



↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ

長崎で休暇中

長崎で3連休を過ごしている。
先週は年末年始を熊本の温泉でのんびり過ごし、今週は長崎の実家で3連休を楽しんでいる。

だからいまだに正月気分だ。
ここのところ飲みすぎで、お酒が途切れていないのが心配だ。

今日はさすがに禁酒しようと思う。
長崎はそれにしても美味しいものが多いと改めて思いました。

今回は坂本屋の角煮を買って食べました。
この角煮がまた絶品でした。

坂本屋の角煮は結構有名で、TVなんかで見たことある人も多いんではないでしょうか?
おすすめの長崎土産です。

坂本屋の角煮、みなさんも如何でしょうか?



「東坡煮(とうばに)」とは、豚の角煮のこと。
卓袱コースの中の、代表的料理のひとつです。
中国の著名な詩人、蘇東坡が好んだことから、この名で呼ばれるようになったといわれています。
坂本屋の東坡煮の食感は「とろとろ ほろり」。
この食感の秘密は、長時間ゆでて徹底的に豚の脂を抜くことにあります。脂を抜くことによってゼラチン質だけが残り、旨みへと変化するのです。そうして、脂を徹底的に抜いた後、特製のたれにつけ込んで、こまめにアクをとりながら煮込むこと数時間。
さらに一晩寝かせて味を落ち着かせ、仕上げの味付けをしてようやく東坡煮は完成します。
この長時間の煮込みに耐えるには、良質な肉でなければいけません。
坂本屋の東坡煮は、厳選された豚肉(皮付き三枚バラ肉)を使用しています。
素材を吟味し、職人が手をかけ、時間をかけ、じっくりと煮込んだ味わいは、卓袱料理の老舗「坂本屋」ならではの伝統技です。

お買い求めいただく「東坡煮」は真空包装となっております。
そのまま10〜15分煮立てれば、できたての東坡煮をお召し上がりいただけます。

↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ
ラベル:長崎
posted by 王子 at 16:40| 長崎 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。