2010年06月02日

鳩山首相・小沢幹事長辞任!!



↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ

鳩山首相・小沢幹事長辞任!!

鳩山首相小沢幹事長が辞任した!
TVをつけたらニュースでやっていて驚いた。

もう少しやるのかと思っていたので、予想外だった。
次の総理大臣は誰がやるのだろうか?

しかし日本の総理大臣はころころ変わりすぎている。
外国に対して日本の信頼は無くなる一方だろう。

こんなことが日本の国益になるはずはない。
鳩山首相はしかし期待外れであった。

出来ないことは約束すべきではない。
それは仕事をするうえでは当たり前だと思う。

鳩山首相は本当に育ちが良すぎて、何も知らなかったんだろう。
次の総理大臣になれる人物は一体誰だろうか?

菅さんか岡田さんか、前原さんか?
誰がなっても迫力不足な感じは否めない。

しかし小沢幹事長がやめることは予想できなかった。
ふたりで辞任して、選挙を乗り切ったら小沢さんは復活するのだろう
か?

それとももう引退だろうか?
副島隆彦さんという大学教授がいる。

政治関係の本や英語関係の本をよく出している方で、著書は私もよく読んでいる。

副島隆彦さんは、小沢一郎こそ日本の国王だ、という意見を持っていた。

それは世界皇帝であるデイビット・ロックフェラーが小沢一郎を育てたから。

しかしその小沢一郎幹事長は一線を引くことになった。
小沢一郎はこれからどうするのか?

日本の政治は誰が率いていくのか?
日本が心配だ!!

   の他の作品
↓↓↓  ↓↓↓


世界権力者人物図鑑

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 世界権力の頂点─世界帝国アメリカを支配している者たち(バラク・オバマ─ロックフェラー家に選ばれたオバマ大統領/ヒラリー・クリントン─ヒラリーが次の大統領になる ほか)/第2章 ドル覇権の崩壊─ドル崩壊に直面する金融・財界人(ベンジャミン・バーナンキ─高橋是清を研究したFRB議長/アラン・グリーンスパン─石で追われたわけではない巨匠 ほか)/第3章 欧州とBRICs─アメリカに処分案を突きつける指導者たち(BRICs─これからの世界を動かすBRICs/ジェイコブ・ロスチャイルドナット・ロスチャイルド─巻き返しを図る欧州ロスチャイルド ほか)/第4章 米国保守とネオコン─激しく闘ってきたポピュリストとグローバリスト(ロン・ポール─“ドル覇権の終焉”を予言した下院議員/ヒューイ・ロング、チャールズ・リンドバーグ─“地球支配主義者”と闘った立派な人たち ほか)/第5章 日本操り対策班─属国・日本を狙い撃ちする帝国の手先ら(ロバート・ゼーリック─中川昭一朦朧会見を仕組んだ男/ジョゼフ・ナイ─小沢一郎逮捕攻撃に失敗した謀略家 ほか)

↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ


ラベル:政治
posted by 王子 at 12:26| 政治 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。