2009年11月26日

円高ドル安下での資産運用

円高ドル安下での資産運用


私のFXバイブル

円高局面が続いている。こういう状況下では現物取引のみの資産運用では、運用方法が難しい。

つまり100万円で相当額の米ドルや豪ドルを買うという取引は難しい、ということ。

現物取引は「買い」は出来るが、「売り」が出来ないから。
やはり信用取引指数先物取引外国為替証拠金取引(FX)などの信用取引を活用しないと、

「売り」が出来ないので難しい。米ドルや豪ドルを円高になったところで買おうと思っても、

更に円高になると思うと買えなくなったりする。だから信用取引やFXを活用して、

「売り」でも「買い」でも出来るようにしておかないといけない。
そして、普通の銀行や証券会社で購入できる外貨預金や外貨MMFでは手
数料が高過ぎるという問題もある。

だから、手数料の面から検討しても、結論的には各種信用取引とFXの活用という方法になる。

外貨預金や外貨MMFを経験したことのある方は、FX(外国為替証拠金取引)はとっつき易いのではないか、

と思う。しかし、FX(外国為替証拠金取引)はしっかり勉強せずにやると痛い目にあう。

FX(外国為替証拠金取引)は最近は情報があふれているので、本でも雑誌でもFXの会社のホームページでも

いろんな情報が容易に集まるので、まずは勉強を始めるべきだろう。自分が自由になる資金のほんの一部

だけなら現在は円高が進んでいるので練習がてら買うことは勉強として良いかもしれない。

しかし、大きく儲けることを考えるのであれば勉強してしっかり理解するまでは、投資する金額は

限定的にすべきだろう。こういう時代だからこそ資産運用の知識は大事だと思う。

儲ける知識というよりは、損しない為の知識として身につけていくべきだろう。

私ももっと勉強して資産運用をしたいと思っている。


posted by 王子 at 23:43 | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。