2010年09月24日

山崎拓巳著「ひとり会議」の教科書



↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ

山崎拓巳著「ひとり会議」の教科書

山崎拓巳さん著作の「「ひとり会議」の教科書」という本を買った。
本の帯にはこんなことが書いてある。

「やるべき事に囲まれて、やりたい事に手が届かないあなたへ。」
そう、何を隠そうこの私がそうなのだ。

つまりやりたい事はあるけど、その前にやるべき事が沢山あって、いつもイライラしている、という感じ。

いつも時間がない、時間が無い、と気持ちが焦っている。
あなたはそんなことはありませんか?

そんな私の気持ちを見透かすようなこの本の帯に惹かれて「「ひとり会議」の教科書」を買ってしまった訳です。

この本の帯には問題解決の4ステップが簡単に記載されています。
それによると、

1、いま直面している問題をすべて書きだす
2、それぞれ「どうなればいいか?」と質問する
3、それぞれ「どうすればそうなるか?」と質問する
4、それぞれの答えをスケジュール帳に書き込む

というのが問題解決の4ステップだそうです。

そしてその横に、「一流の実業家たちが毎日実践している、簡単セルフ・コーチング術」とあります。

そう、つまり「「ひとり会議」の教科書」はセルフ・コーチングの本なんです。
しかしセルフ・コーチングと言っても、まあ良く分からないんですが・・・。

セルフ・コーチングを文字通り解釈すると、自分で自分をコーチする、ということ。
すこし分かったような気になってきました。

今、「「ひとり会議」の教科書」の冒頭部分をちょっとだけ読んでみました。

それによると、人は誰でも「やるべきこと」や「やらねばならないこと」に時間を取られるように出
来ているそうです。

ポイントは「やるべきこと」を「ワクワクすること」に変えることだそうです。
面白そうですね。

また読んだら途中でも感想を書いていきたいと思います。
これで仕事がいい方向に行くといいのですが。

山崎拓巳さんの「「ひとり会議」の教科書」
↓↓↓  ↓↓↓
【入荷予約】 「ひとり会議」の教科書

【入荷予約】 「ひとり会議」の教科書

価格:1,470円(税込、送料別)



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
なぜ、あの人は1日にあんなに多くの仕事をイキイキとこなせるんだろう?この本でズバリ解明!やるべき事に囲まれて、やりたい事に手が届かないあなたへ。一流の実業家たちが毎日実践している、簡単セルフ・コーチング術。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 ひとり会議をはじめる(やるべきこと→やりたいこと/できない→できるかも? ほか)/2 5つのひとり会議(テーマ会議/役割リストを書き出す ほか)/3 ひとり会議後の仕事術(メモのしかた/自分の動かしかた ほか)/4 自分を見つめるひとり会議デラックス(自分の枠を取り払う/月に一度のひとり会議デラックス ほか)

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
山崎拓巳(ヤマザキタクミ)
1965年三重県生まれ。広島大学教育学部中退。22歳で「有限会社たく」を設立し、現在は3社を運営。「凄いことはアッサリ起きる」‐夢‐実現プロデューサーとして、リーダーシップ論、コミュニケーション術、仕事術、メンタル/タイムマネジメントほか多彩なテーマで年間約200件の講演、セミナーを実施。現在までに延べ150万人以上にスピーチを行なっている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

山崎拓巳さん関連
山崎拓巳公式サイト:凄いことはアッサリ起きる
山崎拓巳 の画像検索結果
山崎拓巳『人生のプロジェクト』公式サイト
YouTube - DVD「山崎拓巳 気くばりのツボ実践セミナー
やる気のスイッチ!実践セミナー 山崎拓巳さん インタビュー


↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ


posted by 王子 at 21:57| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。