2011年10月18日

福岡県筑豊の旅(るり色の砂時計)



↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ

福岡県筑豊の旅(るり色の砂時計)


福岡県筑豊の旅を特集したTV番組「るり色の砂時計」を見た。
福岡県筑豊の魅力がよく紹介されていた。

「るり色の砂時計」はよくみるTV番組の一つ。
私は温泉好きで、よく旅行に行くので参考になる。

今回は「記憶に残る筑豊の旅」というテーマで福岡県筑豊を特集。

(以下、るり色の砂時計番組HPより概要を紹介。

今回は、福岡県田川市と飯塚市。
旧産炭地で炭鉱の記憶を辿りながら、踊りやグルメなど楽しくおいしく旅をします。
まずは、田川市石炭記念公園内にある田川市石炭・歴史博物館を訪ねます。
ここには、炭鉱が盛んだった当時の品々や道具などを見ることができ、
現在は世界記憶遺産に登録された山本作兵衛の炭鉱記録画が特別展示してあります。
当時の様子をたくさん絵に残した山本作兵衛の記録画は、大切な記憶として多くの人々の関心を引いていました。
また、炭鉱の盛んだった田川市で誕生した炭坑節は、今や全国的に知られる踊り。
加来さんは、田川市石炭記念公園で炭坑節を踊っている炭坑節保存会の方々と出会い、飛び入り参加、少し教えていただいただけで簡単に覚えられた炭坑節を満喫しました。
さらに、炭鉱の町田川に伝わる御当地グルメホルモン、踊って体力を使った加来さんは、栄養満点のホルモンを食べに足を運びます。
大き目の具にたっぷりの野菜を甘めのソースで炒めた料理。
食欲をそそるホルモンをおなか一杯になるまで箸を動かし続けた加来さんでした。
夕方、同じ産炭地である隣の飯塚市に移動。
町並みを少し散策した後、今夜の宿「のがみプレジデントホテル」に到着。
豪華な中華料理に舌鼓を打ちました。
翌日は、炭鉱王伊藤伝右衛門の邸宅を訪ね、妻である柳原白蓮のために贅を尽くした造りに驚きの連続でした。
また、飯塚には炭鉱をイメージしたスイーツも人気です。
炭鉱で採掘した石炭をイメージした黒のスイーツですが、見た目に比べ味は最高。
スイーツ三昧を2店舗にわたってハシゴした後は、最近おいしいと評判の、たまごかけご飯のお店を訪ねます。
自家製のたまごと米を使った素朴ながらもおいしいたまごかけご飯、お代わり自由ということもあり、
加来さんももちろんお代わり、話題のお店を堪能しました。

引用ここまで)

福岡県筑豊に行ってみたくなりますよ!^^



旅行に行きたくなったらこちらへ
↓↓↓




↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ


ラベル:旅行 TV
posted by 王子 at 21:53| 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。