2011年05月06日

「孤高のメス」大鐘稔彦著



↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ

孤高のメス」大鐘稔彦著

孤高のメス」(大鐘稔彦著)を温泉宿でのんびり読んでいる。

ブックオフオンライン
ブックオフオンライン

孤高のメス」は私にとっては久々にヒットの小説だ。
もちろん面白い小説は他にもあったが、大鐘稔彦さんの「孤高の小説」の面白さは突出している、と思う。

「孤高のメス」はシリーズ化しているようだからしばらくの間は楽しめそうで嬉しい。
しかしお金がない私はブックオフで「孤高のメス」の続編を買うだろう。^^

書店で買えないのは、作者の大鐘稔彦さんには申し訳ないが、このサイトで宣伝するので許してほしい。

「孤高のメス」(大鐘稔彦著)サイコー!
「孤高のメス」(大鐘稔彦著)超オモシロイ!

「孤高のメス」(大鐘稔彦著)読み始めたら止まらない!
(やり過ぎ!?・・・^^)

まあでも本当に面白い。
もうすぐ1冊目を読み終えてしまう。

「孤高のメス」第2巻をブックオフに海に行かないといけない。
「孤高のメス」の魅力は一体何だろうか?

まず第一に、主人公の魅力だろう。
主人公は才能あふれる医者なのだが、エリートコースには進まず、地域医療を志している。

腕は一流で、患者を第1に考えて治療してくれる。
誰もが身近にこんな医者がいてくれたら、と望むような理想的な医者なのだ。

次に、著者大鐘稔彦が現役の医者なので、描写がリアリティに溢れていることが大きな魅力だ。
専門用語も多いが、読むにあたって、特に不便はない。

医療器具の用語、内臓やその他人体の専門用語、難しい病名も、難解というわけではなく、むしろリアルさを増すことになっている。

この2点が私が考える「孤高のメス」の魅力だ。
これからも「孤高のメス」(大鐘稔彦著)シリーズを読んでいきたい。

映画DVDもあるようだから、1回観てみようと思う。

大鐘稔彦関連
大鐘 稔彦のブログ
医師 大鐘 稔彦/作家 高山路爛 のホームページ
高山路爛 - Wikipedia
大鐘稔彦 プロフィール - あのひと検索 SPYSEE [スパイシー]
無輸血手術への挑戦はアウトサイダーの意地〜大鐘稔彦(医師・作家 ...

「孤高のメス」関連
映画「孤高のメス」公式サイト
孤高のメス - goo 映画
孤高のメス 映画/ 作品情報 - Yahoo!映画
孤高のメス : 作品情報 - 映画.com
孤高のメス の動画検索結果

↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ


ラベル:小説 旅行
posted by 王子 at 22:32| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。