2010年10月11日

佐賀・嬉野温泉



↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ

佐賀・嬉野温泉

佐賀の嬉野温泉にきています。^^
佐賀の嬉野温泉のお湯はトロトロしていて気持ちがいいですよね。

ご存知ですか?
嬉野温泉は美肌の温泉として有名です。

他には嬉野温泉は湯豆腐なんかが有名ですね。
湯豆腐は今朝の朝食で食べました。

やっぱり美味しかったです。

今の時代は佐賀県の嬉野温泉まで出かけなくても通信販売で湯豆腐を注文出来るのでいい時代ですよね。^^

でもやっぱり現地の嬉野温泉につかって、ビールを飲みながらの湯豆腐は格別ですよ!



<以下はこの湯豆腐のshopによる説明です>
全国16の有名鍋の中から、グランプリに☆
美味しんぼ98巻にも登場☆日本三大美肌の湯として知られる九州の名湯、嬉野温泉の名物で、調理水を用いて湯豆腐にすることにより豆腐が溶け出し、汁が白濁してやわやわと淡雪のような優しい食感が楽しめます。
某雑誌の「日本一おいしいお取り寄せはコレだ!」との企画の鍋部門にて全国の有名鍋16点の中からグランプリに選ばれています。

この温泉湯豆腐は、豆腐を鍋で煮るのは湯豆腐と同じですが、鍋の中に入っているのはお湯ではなく温泉水を使います。するとコトコト炊いているうちに、豆腐の表面が溶け出してお湯は豆乳のように白く濁り、角のとれた豆腐は、食感も味わいも一段とまろやかに。白濁した温泉水はコクがあり、深い味わいとなります。

佐賀県の嬉野温泉は、肥前風土記にも登場する歴史ある温泉で、江戸時代には長崎街道の宿場町として栄えたところ。
ぬめりのあるお湯はナトリウムを多く含む重曹泉で、近年、この弱アルカリ性のお湯が角質化した肌をなめらかにするとして、斐乃上温泉(島根)と喜連川温泉(栃木)と共に「日本三大美肌の湯」に選ばれ、注目を浴びています。
実はこのつるつるすべすべの美肌の湯が、なにを隠そう、温泉湯豆腐の生みの親。弱アルカリ性のお湯が、豆腐をとろとろにとろけさせるのです。


↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ


ラベル:温泉 佐賀
posted by 王子 at 16:18| 温泉 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。