2010年10月01日

「認知症!介護の新技で症状が劇的に改善する」ためしてガッテン



↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ

認知症!介護の新技で症状が劇的に改善する」ためしてガッテン

認知症!介護の新技で症状が劇的に改善する」という番組をみた。
ためしてガッテンを録画していたもの。

認知症は今非常に増えていて、患者数は、200万人超だそうです。
認知症の患者が増えれば、介護の負担も増えます。

認知症患者には、例えば、「もの忘れ」や「徘徊(はいかい)」、「妄想(もうそう)」、「暴言」などの症状が出やすくなるんだそうですが、これらの症状が出るとどうなると思いますか?

介護をする家族が精神的にも肉体的にも、つらいことになってしまうようです。
なんとなく想像できますよね。

私の両親はまだ健在ですが、結構な年齢なので認知症の話題を聞くと、少し考え込んでしまいます。
話をためしてガッテンに戻します。

今回のためしてガッテンのテーマは、こうした認知症患者の症状を改善させることです。
介護家族には朗報ですよね。

将来自分の家族が認知症になると同じような苦労があるかと思い、このためしてガッテンを録画して見たのです。

認知症の症状を改善し、介護の負担を軽くする「新技」があるそうなので、記録しておきたいと思います。

(次回の記事へつづく)



【内容情報】(「BOOK」データベースより)
本書では、認知症・アルツハイマー病とは何か、どのように進むのか、どういう対応をしたらいいのかを、わかりやすくまとめました。

【目次】(「BOOK」データベースより)
1 認知症について正しく知りましょう/2 早期発見・早期治療のためのノウハウ/3 認知症の治療にはどんなものがあるのか/4 認知症の家族の介護のために知っておきたいこと/5 認知症の介護 そのポイントと、困った症状に応じた対応のコツ/6 自宅でできる介護の基本とコツ/7 介護する家族の悩み

【著者情報】(「BOOK」データベースより)
遠藤英俊(エンドウヒデトシ)
国立長寿医療センター包括診療部長、医学博士。1982年、滋賀医科大学卒業。1987年、名古屋大学医学部大学院修了。認知症専門医で、近年、さまざまな認知症予防プログラムの開発・研究を主宰し、特に回想法の標準化、地域への普及に力を注ぐ(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ


posted by 王子 at 21:48| 病気 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。