2010年08月19日

村上春樹「スプートニクの恋人」その2(ネタバレ注意!)



↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ

村上春樹「スプートニクの恋人」その2(ネタバレ注意!)

村上春樹著作の小説「スプートニクの恋人」を読んでいる。

前回の記事
村上春樹「スプートニクの恋人」(ネタバレ注意!)へ
村上春樹さんの小説「スプートニクの恋人」を最近は読む時間が少なかった。

それはテストがあったからだ。
学生の時はそれこそ何回もテストがあったが、社会人になってからも少ない
ながらテストはある。

それでテスト勉強をしないといけなかったので、私の楽しみである読書の時間があまり作れなかった、という訳だ。

しかし昨日ようやくテストが終わり、睡眠不足だったので昨日はゆっくり寝て、ようやく久しぶりに今日から村上春樹に没頭できる時間を増やす事が出
来たという訳。

小説はめまぐるしく展開している。
まさにジェットコースターのようだ。

主人公の女の子に事件が勃発した。
しかしその事件そのものがどういうものなのか全体像はまだ分からない。

主人公の親友である学校の先生が、主人公の女の子が書いた日記(?)を見つけ、今その日記を読み進めているところ。

その中でも驚くべき事件が起きていた。
主人公が「スプートニクの恋人」と呼ぶ女性の身の上に起きた事件だ。

内容はここでは伏せるが、信じられないような事件が起きたようだ。
主人公は「スプートニクの恋人」を愛しており、彼女が抱えている問題を共
有しようとして、彼女から話を聞きだし、

その内容を日記に記しているのだ。
事件は予想外の展開を見せる。

だんだん空が曇ってきて、これから嵐になるような、そんな恐ろしい雰囲気が当たり一面に漂っている感じだ。

この小説がハッピーエンドで終わらなさそうな予感がする。
村上春樹さんの小説「スプートニクの恋人」、読み終えたらまた感想を書き
ます。


村上春樹さんの他の作品
↓↓↓  ↓↓↓
村上春樹(新潮社) 【1Q84 BOOK1】

村上春樹(新潮社) 【1Q84 BOOK1】

価格:1,890円(税込、送料別)



【著者情報】(「BOOK」データベースより)
村上春樹ムラカミ・ハルキ
1949(昭和24)年、京都府生れ。
早稲田大学文学部卒業。1979年、『風の歌を聴け』でデビュー、群像新人文学賞受賞。
主著に『羊をめぐる冒険』(野間文芸新人賞)、『世界の終りとハードボイルド・ワンダーランド』(谷崎潤一郎賞受賞)、『ねじまき鳥クロニクル』(読売文学賞)、『ノルウェイの森』、『アンダーグラウンド』、『スプートニクの恋人』、『神の子どもたちはみな踊る』、『海辺のカフカ』、『アフターダーク』など。『レイモンド・カーヴァー全集』、『心臓を貫かれて』、『キャッチャー・イン・ザ・ライ』、『ロング・グッドバイ』など訳書も多数。


↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ


posted by 王子 at 23:36| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。