2010年04月26日

うつ病について。たけしの健康エンターテイメント



↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ

うつ病について。たけしの健康エンターテイメント

うつ病について、たけしの健康エンターテイメントを見た。

前回(うつ病対処法。たけしの健康エンターテイメント)のブログ記事の続き
→前回の「うつ病対処法。たけしの健康エンターテイメント」へ

うつになるかどうかは、ストレスの量や性格だけでは決まらない、という最近の研究結果が出たそうです。

それが「ストレス・コーピング」というものだそうです。
ストレス・コーピングとは、ストレスの対処法という意味です。

私たちは、一人一人異なったストレスの対処法を持っています。
それは大きく4つのタイプに分けられます。

1、「積極行動型」は、一休みするより、積極的に問題を片付けようとするタイプ。

2、「気晴らし型」は、ショッピングをしたり、同僚と飲みに行ったりしてストレスを発散するタイプ。

3、「否認型」とは、ストレスの原因となる問題を見て見ぬふりをして、先送りにするタイプ。

4、「回避型」とは、嫌いな人とは会うのを避けてひきこもるなど、ストレスそのものを回避するタイプ。

私たちはこの4つの対処法を組み合わせてストレスに対処しています。
しかし、その4つの対処法の組み合わせ方には人それぞれクセがあるそうです。


それは、「うつ病」ではありません!


ストレス・コーピングの組み合わせ方が偏ってる人は、うつ病等を発症しやすいんだそうです。

では番組に出ていた荻野さんの場合はどうだったのかというと、
東海大学医学部教授(精神科医)の保坂隆先生によると、
「荻野さんに特徴的なのは積極行動。何事にも正面突破、積極的に行動して解決していくのが特徴」と分析されていました。

介護も仕事も一切手を抜かず、時間がある限り、ストレスに対して前向きに解決しようとする、まさに「積極行動型」でした。

しかし、「両親の介護」や「子供に恵まれない」といったストレスは長く続くものであり、いくら積極的に取り組んでも中々解決できません。

それなのに荻野さんは、自分の得意な積極行動だけで、このストレスに対処していました。

その結果、ストレスは解決できないまま増え続け、ついにはうつ病を発症したんです。

(つづく)



うつ病を体験した精神科医の処方せん

うつ病関連のページ
うつ病対処法。たけしの健康エンターテイメント。



↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ


posted by 王子 at 21:51| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。