2010年04月26日

うつ病対処法。たけしの健康エンターテイメント。



↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ

うつ病対処法。たけしの健康エンターテイメント。

うつ病対処法について、たけしの健康エンターテイメントを見た(録画)。

タイトルは「最新!うつ病にならない タイプ別ストレス対処法スペシャル」だった。

私は時々自分自身を、「あっ、今うつっぽい」と思うことがあるので録画して参考にしようと思ったのだ。

たけしの健康エンターテイメントによると、うつの患者は100万人を超えるそうだ。

うつになる直前のような方も含めたら人数はその倍以上かもしれませんね。

しかし番組によると、うつ病かどうかは、脳を一目見ると最近は分るようになってきたそうです。

医学の進歩は凄い!!

そして、ストレスを受けた時の「対処方法」が大きな鍵を握るそうです。

番組では、重いうつ病経験者であり芥川賞作家である萩野アンナさんが紹介されていました。

そして、うつ病にならないストレス対処法や、自身のストレス対処法の傾向がわかる問診や、

最新のうつ病治療法などの紹介もありました。


マンガお手軽躁うつ病講座high & low

芥川賞作家・荻野アンナさんのケース
荻野アンナさんは今から約20年前、芥川賞を受賞しました。

しかし、人気絶頂の最中、母親の骨折や父親の悪性リンパ腫によって人生が激変したという経験を持っています。

一人っ子のアンナさんが両親の面倒を見ないといけなかった為、仕事と両親の看病に追われるようになって、
いつも自分のことは後回しになってしまったのです。

結婚も遠のいて、介護の日々を続けるうちに、アンナさんの様々な体の異変が起こりました。

荻野さんに起きた症状(体の異変)こそが「うつ病」だったんです。
「うつ病」は、不安や落ち込み、あせり、不眠などを特徴とする精神疾患のことらしいです。

原因は「ストレス」なんだそうです。

人間はストレスを受けると、睡眠や食欲、感情に作用する神経伝達物質が減少し、身体が重くて起きられない、やる気が全くでないといった症状が現れるそうです。

責任感が強くて、真面目な人ほどなりやすいそうです。
荻野さんも、真面目で責任感の強いタイプでした。

自分でいうのもなんですが、私も結構そんなところがあります。

アンナさんは、その上仕事は忙しいし、介護などのストレスがかかってきました。

しかし、うつになるかどうかは、実はストレスの量や性格だけではないことが最近の研究で分ってきました。

それこそが「ストレス・コーピング」と呼ばれるものだそうです。
(つづく)



うつ病は治る5訂版

↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ


posted by 王子 at 21:20| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。