2010年04月25日

東野圭吾著、「悪意」



↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ

東野圭吾著、「悪意

東野圭吾著作の小説「悪意」を今読んでいる。

東野圭吾さんの小説は面白い作品が多くて、読み始めると止まらなくなる。

この「悪意」もそうだ。

悪意」の中である殺人事件が起こる。
ところが意外な事に小説の序盤で犯人が分かってしまう。

普通は犯人が分かるのは最後、というのが私の考えだったので「悪意」のこの展開には驚いた。

しかしここからが東野圭吾作品の真骨頂ということなのか、犯人が分った後も読者の興味をそらすことはない。

何故か?

殺人事件の犯人の動機解明がこの小説の肝になっているからだ。
これからその部分にさしかかるところなので、楽しみだ。

東野圭吾さんの小説はとにかく面白い。
最近はブックオフなんかで安く手に入るのも嬉しい。

まとめ買いが出来るから。

私は小学生位からよく本を読んでいたから、その頃からブックオフのよ
うな所があったら、もっと安く、そして沢山購入できたのになあ、と思う。

まあでも良い。

これからも東野圭吾さんとブックオフさんにはお世話になるだろう。
さてボチボチ東野圭吾著「悪意」の続きを読むことにしよう。



悪意

犯人が決して語らぬ動機加賀刑事の推理は!?
誰が?なぜ殺したのか!?超一流の「フー&ホワイダニット」

人気作家・日高邦彦が仕事場で殺された。第一発見者は、妻の理恵と被害者の幼なじみである野々口修。犯行現場に赴いた刑事・加賀恭一郎の推理、逮捕された犯人が決して語らない動機とは。人はなぜ、人を殺すのか。超一流のフー&ホワイダニットによってミステリの本質を深く掘り下げた東野文学の最高峰

東野圭吾さん関連のページ
「容疑者Xの献身」の映画をTVで観た
小説「赤い指」(東野圭吾著)を読み始めた
小説「赤い指」(東野圭吾著)を読み終えた
東野圭吾「分身」を読み終えた
東野圭吾著「時生」を買ってきた
東野圭吾著「天使の耳」を読んでいる
東野圭吾著、「悪意」読了!
東野圭吾著「あの頃ぼくらはアホでした」
東野圭吾著、「変身」。ネタバレ注意!


↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ


posted by 王子 at 11:11| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。