2010年03月14日

東野圭吾著「天使の耳」を読んでいる



↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ

東野圭吾著「天使の耳」を読んでいる

東野圭吾著作の「天使の耳」を読んでいる。
最近はよく東野圭吾の作品を読んでいる。

この「天使の耳」は東野圭吾の短編作品を集めた小説だ。

「天使の耳」の目次を紹介すると、「天使の耳」「分離帯」「危険な若葉」「通りゃんせ」「捨てないで」「鏡の中で」の6篇からなる小説だ。

まだ「天使の耳」と「分離帯」しか読んでいないが、いずれも交通事故がテーマになっている小説だ。

東野圭吾の小説はいつも予想外の展開を見せて、私を楽しませてくれる。

この「天使の耳」もそうだ。
誰もがその話を信じてしまうような「天使の耳」を持った美少女だが、真実は一体どうだったのか?

法律は「車」に厳しく「歩行者」に甘く出来ている。
危険な道路の横断をした女性のせいで、車を運転していた男性が交通事故死した。

その妻がとった驚くべき復讐の方法とは?
いずれも話の終盤で読者をアッと言わせてくれる。

東野圭吾の短編小説集「天使の耳」、おススメです。

東野圭吾の「天使の耳」
↓↓↓  ↓↓↓


天使の耳

【「天使の耳」内容情報】
深夜の交差点で衝突事故が発生。信号を無視したのはどちらの車か。死んだドライバーの妹が同乗していたが、少女は目が不自由だった。しかし、彼女は交通警察官も経験したことがないような驚くべき方法で兄の正当性を証明した。日常起こりうる交通事故がもたらす人々の運命の急転を活写した連作ミステリー。

【「天使の耳」目次】
天使の耳/分離帯/危険な若葉/通りゃんせ/捨てないで/鏡の中で

東野圭吾さん関連のページ
「容疑者Xの献身」の映画をTVで観た
小説「赤い指」(東野圭吾著)を読み始めた
小説「赤い指」(東野圭吾著)を読み終えた
東野圭吾「分身」を読み終えた
東野圭吾著「時生」を買ってきた
東野圭吾著、「悪意」
東野圭吾著、「悪意」読了!
東野圭吾著「あの頃ぼくらはアホでした」
東野圭吾著、「変身」。ネタバレ注意!


↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ




ラベル:小説 東野圭吾
posted by 王子 at 22:57| 小説 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。