2010年03月14日

NHKプロフェッショナル・仕事の流儀、「魂の酒、秘伝の技、杜氏・農口尚彦」を見た



↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ

NHKプロフェッショナル・仕事の流儀、「魂の酒、秘伝の技、杜氏・農口尚彦」を見た

NHKプロフェッショナル・仕事の流儀を録画して見た。
タイトルは「魂の酒、秘伝の技、杜氏・農口尚彦」だった。

農口尚彦(ノグチナオヒコ)さんの仕事は日本酒の杜氏。
日本酒の神と呼ばれている名杜氏だそうだ。

私も日本酒は好きだが、そんなに強くないので翌日の仕事に差し支えるとマズイので、日本酒を飲むことは最近はあまりない。

日本酒はむしろ大学生のころに良く飲んでいた。
しかし農口尚彦さんの仕事ぶりを見て、また日本酒が飲みたくなってきた。

今度連休で温泉に行ったら日本酒を飲もう。
ところで農口尚彦さんの日本酒の特徴はコクがあってキレがある、ということらしい。

利き酒をしていた日本酒愛好家の評判はもちろん良かった。

日本酒の原料は米。
農口尚彦さんの仕事は米と徹底的に向き合うこと。

農口尚彦さんは、米を洗う時間を秒単位で決めていた。
米は、コメによって水の吸い方が全然違うので、農口尚彦さんにとっては毎日が勝負らしい。

農口尚彦さんは原料のコメの状態を28項目に分けて記録することを30年間続けている。

その仕事・日本酒造りへのこだわりにはものすごい情熱・愛情といったものを感じる。

好きなだけでは出来ない仕事だろう。
農口尚彦さんは77歳で、今年引退の覚悟で臨んでいる。

私なんかは、さっさとお金を貯めて引退したいという考えなので、農口尚彦さんの仕事への情熱には頭が下がる思いだ。

農口尚彦さんの日本酒への愛情・情熱は番組の随所で感じることが出来た。

農口尚彦さんにとっては日本酒造りは天職なのだろう、と感じさせられた。

農口尚彦さんは平成20年に黄綬褒章を受章している。

農口尚彦さんの仕事が認められ、報われた出来ごとだと思う。
もちろん黄綬褒章を受賞しなくても、農口尚彦さんの仕事は日本酒を飲むすべての人が認めることだろうと思う。

自分もそんな仕事が出来ればいいな、と思う。

自分は一体何のプロフェッショナルなのか?
農口尚彦さんを見習って仕事に臨みたい、と思った。

大吟醸酒はいつ飲めるだろう?

農口尚彦さんの作品
↓↓↓  ↓↓↓


NHK「プロフェッショナル 仕事の流儀」にて「常きげん」農口杜氏が紹介されました!【3月26日出...

「商品の特徴」
「常きげん」が誇る伝説の杜氏農口氏が世界に送り込む自信の逸品です。これも、フランス発とする「LVMH(ルイヴィトンモエヘネシー)」グループの日本法人となります「ルイ・ヴィトン・ジャパン」が、日本を代表する名杜氏”農口氏”に注目し、日本の文化を世界に伝えたいという思いから、「ルイ・ヴィトン・ジャパン」グループ賛同の元、全米での販売のために開発された逸品です。

↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ

農口尚彦さん関連の他のページ
↓↓↓
「NHKプロフェッショナル「仕事の流儀」出演、農口尚彦(ノグチナオヒコ)さんと仕事」


posted by 王子 at 17:07| 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。