2010年02月24日

「サブプライム後の新資産運用」を読んだ



サブプライム後の新資産運用

【「サブプライム後の新資産運用」内容情報】「BOOK」データベースより
少子高齢化、増税、低賃金、食糧価格の高騰…。
国家破産の危機を迎える日本で資産防衛のためにあなたは何をするべきか?
サブプライムに影響されなかったFPが教える世界恐慌でも負けない投資法。

【「サブプライム後の新資産運用」目次】「BOOK」データベースより
序章 破綻寸前の日本の現状(少子高齢化問題を抱える日本/遅れている日本の金融教育システム)/
第1章 資産運用の基本1 リスクのコントロール方法を身につける(「リスクのコントロール」とは?/国際分散投資、長期資産運用は本当に正しいのか? ほか)/
第2章 資産運用の基本2 世界経済と相場のトレンドの掴み方を身につける(グローバル金融を理解する/世界経済の動向を押さえる ほか)/
第3章 「外貨預金」で資産を守る(外貨預金に注目しなければならない理由/為替相場の経済学理論は間違っている ほか)/
第4章 「株式投資」で資産を増やす(株式投資の常識は多くが誤り/日本株式の押さえるポイントは2つ ほか)

【「サブプライム後の新資産運用」著者情報】「BOOK」データベースより
中原圭介(ナカハラケイスケ)
ファイナンシャルプランナー(兼エコノミスト)。
金融コンサルティング会社「アセットベストパートナーズ株式会社」のディレクターとして活動。
顧客の資産運用コンサルティングを行う傍ら、執筆・セミナーなどで投資家教育の普及に努めている

↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ

サブプライム後の新資産運用」を読んだ

サブプライム後の新資産運用」を一気に読んだ。
サブプライムショックの影響を受けなかったFP(ファイナンシャルプランナー)である著者の資産運用指南本である。

長期間(30年程度)での運用を考えるときに日本人にとって何が重要なのか、何に注目しないといけないのか、
そういうことについて詳しく書かれてありました。

図も多く分りやすい説明になっています。

あなたの資産運用の考え方には筋が通っていますか?
そんなこと知らん!という方が殆どではないでしょうか?

日々の生活・仕事に追われて資産運用にまで頭が廻らないんだと思います。

それがきっと普通でしょう。
私もそうです。

でもこの「サブプライム後の新資産運用」を読めば、その問題点が幾分か、いやかなり緩和すると思います。

私は多くの事を学ばせてもらいました。
資産運用にお悩みの方におススメする1冊です。


中原圭介(ナカハラケイスケ)の他の作品
↓↓↓  ↓↓↓


サブプライム後の新世界経済

↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ


posted by 王子 at 22:31| 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。