2009年10月18日

課長の仕事

課長仕事

課長仕事とは、一体何だろうか?
課長は課のリーダーであり、管理者である。

と思う。リーダーとは理想や目標を掲げて、皆が進むべき道筋を示すことだと思う。

管理者の仕事としては、毎日の、一週間の、一ヶ月間のそして一年間の業務の管理をすることだろう。

だから、リーダーの仕事と管理者の仕事はイコールではない。
管理者の仕事はそんなに難しくない。

厳しく管理すれば、誰にでも出来る。
もちろん雰囲気は悪くなるが。

厳しいだけではダメ。
暖かく包み込むような優しはは必要だろう。

それに加えてリーダーとしての仕事をしないといけない。
支社長のリーダーシップが明確である場合は、課長にそんなにリーダーシップは必要ないかもしれない。

しかし今の支社長にそれは見られない。
となると、課長が自らやるしかない。

かなりの困難さを伴うと思うが・・・。
多少は煙たがられたり、嫌われたりするだろう。

しかしやらないとズルズルいくだけのような気がする。
今変えないといけない。

しかし、今の職場の雰囲気はもうひとつだ。
ぬるいのだ。

自分が信念を持ってやるしかないだろう。


社長が求める課長の仕事力


ラベル:課長 仕事
posted by 王子 at 22:01 | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。