2009年10月17日

高速道路無料化の影響

高速道路無料化の影響

高速道路の無料化を民主党政権が打ち出している。
何でも安くなるのは嬉しいもので、私も高速道路の無料化はもちろん嬉しい。

以前の自民党政権から始まった、土日祝日の高速道路1000円も嬉しかった。

高速道路1000円が始まってから、急速にETCが売れ始め、ETCに挿入する為のクレジットカードの申し込みも増えた。

ETCなんかは在庫が無くなって、入荷待ちになるほどだった。
経済にはもちろんプラス効果があったと思う。

そして今度の高速道路の無料化の話だが、他の交通機関が文句を言い始めている。

つまり、みんなが交通手段として車を多く使うようになり、JRや船を利用しなくなる、というような文句だ。

環境面からも高速道路無料化への懸念が上がっている。
以下、Yahooニュースから一部記事を引用する。

(引用ココから
日本旅客船協会加盟の長・中距離フェリーなど35社で組織する道路問題対策委員会が、高速道路無料化により、年間約400億円の減収になるとの試算をまとめたことが16日、分かった。

フェリー業界は、前政権で始まった土日・祝日の「高速1000円乗り放題」により、瀬戸内海航路を運航するフェリー会社が民事再生法の適用を申請するなど影響が深刻化しており、今月末にも各社の社長らが大阪に集結して「無料化反対」を訴える。
引用ココまで)

という具合だ。
しかしこの高速道路無料化は、民主党政権の公約であり、達成に向け鳩山政権は努力を継続して欲しい。

やり方はもちろん慎重に検討しないといけない。
一気にやると、旅客船の会社が潰れかねない、という意見には賛成できる。

だから、段階を踏んで安くすればいいと思う。
時間をかけることで、旅客船業界も対策を講じられるはずだ。

環境への問題点は残る。
この点はエコカーをもっと強力に推進する政策を作って、対応してほしい。

いずれにしても、早く経済を回復させて欲しい。



↑↑↑ETCの利用にはクレジットカードの申し込みが必要です。高速道路無料化の路線が決まったが、阪神高速や首都高速は外れたようだ。
高速道路無料化についての意見が書かれた記事があったので参照してください。
↓↓↓  ↓↓↓
高速道路無料化-健康を科学する!!
http://blog.goo.ne.jp/goto2272/e/fe5b63b70e0347077ded147e13c4d3d2

高速道路無料化と二酸化炭素排出削減-ヰタ・デテスタビリス (reuniの研究日記)
http://d.hatena.ne.jp/reuni/20100202/1265110700



posted by 王子 at 21:22 | TrackBack(0) | 経済 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。