2009年10月14日

インフルエンザの予防

インフルエンザ予防

インフルエンザ予防、対策は万全だろうか?
最近福岡に行った。

今自分が住んでいるところが田舎で、自転車通勤なので、普段はそんなに感染を気にしないが、福岡に電車で行く時は少し気になったので、バッグにマスクを持って、しかも念入りなことに携帯用の手指消毒液までもって出かけた。

しかし電車の中でも、駅でもマスクをしている人はほとんど見かけなかった。

わずかに中学生や高校生がしている程度だった。
拍子抜けした。

しかし、最近はそんなにニュースにならないが、確実に感染者は広がっているし、死亡者も出ている。

以下毎日新聞の記事より引用する。

(引用ココから 

兵庫県西宮市は14日、市内に住む市立小2年の女児(8)が新型インフルエンザを原因とする多臓器不全で死亡した、と発表した。
女児に基礎疾患はなかった。
厚生労働省によると、国内の死亡者は26人目。
西宮市によると、女児は11日から微熱が続き、12日朝には体温が39度近くに達した。
自宅で療養していたが、12日午後5時ごろ、意識障害を起こしたため、西宮市内の病院を受診後に神戸市内の病院に転送された。
意識がなかったことなどから治療薬は投与していないという。
引用ココまで)

小学校2年生という若さで亡くなってしまうという不幸を前に、かけてやれる言葉が見当たらない。

両親の苦悩は一体どれ程か?
早く、ワクチンを日本中の人、世界中の人に接種してほしい。

しかし、「意識がなかったから治療薬を投与していない」、という記事は解せない。

インフルエンザとわかったら、治療すればいいのに、と思うのは素人考えなのだろうか?

よく分からない。

しかし、医療関係者もインフルエンザへの感染の恐怖と闘いながら仕事をしないといけないというのが辛いと思う。

自ら選んだ職業だとは思うが、医者という職業の尊さを思い知らされる。

こういう時は医者を尊敬してしまう。
早く、インフルエンザが無くなってほしい、と願う。

お医者様、病気のみんなの為に頑張ってください。
応援しております。


即納・最安値!★【サージカルマスク50枚セット】【使い捨てマスク(不織布マスク)】【インフル...


posted by 王子 at 22:15| 健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。