2009年10月03日

仕事のやり方・方針

仕事のやり方・方針

仕事をするにあたって、自分にはやり方や方針が定まっているだろうか?

毎日の仕事に流されているだけだったのに、例えば明日から課長といわれて課長職が務まるだろうか。

課の目標は決まっている。
それをどのように達成するか。

口で言うだけではダメ。
今までの課長のやり方を変える時、みんなは付いてきてくれるのか?

課で抱えている課題は何か把握しているか?
お客さま第一主義と口ではいうが、本当にそういう観点で仕事をしているか?

ミスはどうやって削減するか?
ミス削減のために何をするか?

スタッフさん達は付いてきてくれるか?
支社長に本気さが感じられないのも問題だ。

あの人はあぐらをかいている。
人当たりは良いが、するどさや真剣さは感じない。
対策を考えないと・・・。

自分自身のやる気も問題だ。
本当にやりたい仕事ではないから、時々嫌気がさす。
給料のためにはそんなことは言ってられないのだが・・・。

仕事に真剣に取り組むことは、自分の成長に繋がるだろう。
しかしそれは残業(サービス残業)をすることとは違う。
みんなサービス残業しすぎだ。

何が問題なのか?
サービス残業をして目標を達成して喜ぶのは支社長と会社だけだろう。

しかし若い社員達は、早く帰ろうとは言いづらい。
自分が矢面に立って言えるか?

自分の課が目標を達成してないから言いづらい。
そこがいつも問題になる。

目標が過大なのか?
残業をなくしたら目標は達成できないのか?
そんなことはないはず。

残業をしない会社というのも世間にはある。

1、ミスを極力なくすこと、
2、残業を減らすこと 

を当面の目標にして運営方針を考えてみよう!


事務ミスを防ぐ知恵と技術

↓応援お願いします。 人気ブログ読めます。
人気ブログランキングへ


ラベル:仕事 方針 ミス 課長
posted by 王子 at 19:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。