2009年09月28日

日経225連動ETF

日経225連動ETF

日経225連動ETFでも資産運用している。
信用取引は利用していない。
現物取引のみ。

信用取引は興味はある。
信用取引は自分の手元資金の数倍の売買が出来るので資金効率は大変良い。

儲かった時は大きい。
しかし損した時も大きい。
過去にFXで失敗した経験があるせいで怖い、ということもある。

でも損してもいい範囲内で取引する分にはいいと思う。
だから社会人になりたてで、資金があまりないのに取り組むのはやめた方がいいと思う。

まれにビキナーズラックで大儲けすることはあるが、それでやみつきになって、更に大きな資金をつぎ込んで、最初の儲けを上回る大損をだして終わるのがオチだからだ。

でも、相場の世界は何故こんなに人を引き付けるのだろうか?
何が人を夢中にさせるのだろうか?

資産運用は自制心が大事だと思う。
そして慎重さも大事。
勉強熱心であることも大事だ。

まず1番は余裕資金でやることだ。
なけなしのお金をつぎ込むのは危険だ。
なけなしのお金だから真剣に勉強する、という意見もある。

それは確かにそうだろう。
しかし、やりなおしが効く程度にしておくべきだ。
私は定期預金の金利よりよければいい、という考えで日経225ETFをやっている。

だから一喜一憂せずにすむ。
今日は日経平均株価は下がっていたが、明日はどうだろう?


日経225/日経225(ににご)ミニ日経先物取引の戦い方



posted by 王子 at 23:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 資産運用 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。