2009年06月21日

課長。仕事。

新幹線からの眺め、景色は良かった。大阪出張から帰るところ。最近は日が長いので夕方でも外は明るく、かなり長い時間外を眺めていることが出来た。

それにしても日本は平地が少なく、山と田圃が多いな、という印象を新たにした。それと田舎には大きな家が多いな、という印象も残った。

ところで今回の出張の目的は研修。課長になる為の。講師はいつ課長に指名されてもおかしくないから覚悟を決めておけ、とのこと。自分に覚悟はあるかというと、まだない。

やってやれないことはない、と思っているが、進んでやる気にはなれない。講師の言っていることはよく分かる。講師も私たちと同じかそれ以上に厳しい道を通ってきているはずだから、その言葉には説得力がある。

会社は24時間、身も心も会社の仕事へ奉仕することを要求している気がする。研修に出て、同僚の話を聞いていると自分も頑張らないと、と確かに思う。しかし何日かするとその気持ちは薄らぐ。

課長職に要求されることがあまりにも膨大な気がして、やる気が滅入る。雑用が多すぎるのだ。雑用を減らす努力は少しずつやっている。しかし、次から次に発生する雑用にうんざりする。

一時期やる気を出して仕事に励んだこともあった。その後その気持ちは薄らいだ。今はどっちでもなく、落ち着いた感じ。

しかし、この課長になる為の研修はやる気を出せ、やる気を出せ、と迫ってくる。最近の不景気のせいでボーナスは減る予定。ボーナスをもらえるだけまし、という考え方をして自分を慰めるのがせいぜい。

課長になれば給料もボーナスもワンランクアップすると思うが、それ以上に責任が増えるのが恐ろしい。

給料はがまん料だと美輪昭宏が言っていた。その通りだと思う。うちの給料は世間一般より高いから、それ相当に仕事も難しく、量も多い。

同じがまんをするのなら自分の好きな仕事を自分でおこして、といつも思う。心の平安が得られるのはいつのことか。


ラベル:課長 仕事
posted by 王子 at 13:21| Comment(0) | TrackBack(0) | 仕事 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。