2009年06月09日

旅行。旅館、ホテルの設備について。

旅行旅行は好きだ。しかし観光が好きなのではない。むしろ人が多いところは嫌いなので、観光シーズンに観光地に行くのは出来るだけ避けたい。

旅行の際に泊まる旅館・ホテルについて、自分にとって大切なことを記録しておく。

その1、AV機器の充実度合い。つまりCDプレイヤーやDVDプレイヤーとそのソフトがあるかどうか。昔泊まった下呂温泉の「翔月」はその点素晴らしかった。CDプレイヤーはBOSEだったし、TVは大型の薄型テレビでDVDプレイヤーも付いていた。

私の旅行は観光は主目的ではなく、のんびりすることが主目的なので、部屋でCDを聴いたり、DVDを観たりしたくなることがよくある。もちろんそれらのAV機器がなくてもパソコンで代替出来るので、なくても問題ではない。があるに越したことはない。

その2、コーヒーが好きな時間に飲めるかどうか。長野県の軽井沢の「星のや」にはコーヒーサーバーがあって勝手に飲めた。「翔月」は昔のことで記憶が定かではない。今泊っている「洋々閣」は頼めば豆から挽いてくれる。大変おいしいコーヒーだった。しかし夜の10時までという制限がある。

その3、冷蔵庫があるかどうか。冷蔵庫があれば外でなにか買ってきて入れておけるから何かと便利だ。しかし旅館やホテルにとっては売上の減少と冷蔵庫の管理コストの両面から設置するインセンティブは無いように思われる。事実置いてあるところは少ない気がする。

その4、机があるか。私はパソコンで色んな作業をするので、作業机が必要になる。畳の上に置かれた食事をするためのテーブルで作業出来なくもないが、机の方が楽だ。

その5、これは必要事項ではないが、大浴場に飲料水が普通おいてあるが、これがただの冷水だけでなく、他に麦茶を始めとするお茶が色々あるとプラス評価となる。この点も翔月は素晴らしかった。様々な種類のお茶が5から6種類置いてあったと思う。

その6はライブラリーだ。AV機器に関連するが、ライブラリーにDVDやCD、雑誌・書籍類があるとこれもプラス評価だ。

つまり、設備の面が自分にとっては重要であることをここに記録しておき、次の旅行の参考としておく。


ラベル:旅行 ホテル 旅館
posted by 王子 at 23:51| Comment(0) | TrackBack(0) | 旅行 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。