2009年06月04日

映画「ドラゴンキングダム」を観た

映画「ドラゴンキングダム」を観た。WOWWOWで録画していた映画

ジャッキーチェンとジェットリーが主演。観る前はあまり期待してない映画だったが、観はじめたら最後まで一気に見てしまった。

あまり面白くなければ途中で止めて、また暇な時に続きを見ようと思っていたが、とうとう最後まで見てしまった。ストーリー自体にはひねりも何もない、ワンパターンといえるものだったが、何がそこまで良かったのか。

ジャッキーチェンとジェットリーの対決シーンは見所の一つだった。主人公の少年はジャッキーチェンとジェットリーに鍛えられてカンフーが強くなっていく。

ジャッキーチェンとジェットリー一人一人が偉大なスターなので、主人公の少年にとっては贅沢な設定だった。何が良かったのかうまく説明できないが、単純に面白い映画だったということか。




posted by 王子 at 23:02| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。