2009年05月06日

映画「グッド・シェパード」

映画「グッド・シェパード」を見た。 WOWWOWで録画していたもの。 時代は1961年のキューバ革命の頃。 主人公はCIAの諜報員。 スパイ映画だが、007的なスタイリッシュさやジョークはなく、全体的に暗いイメージ。 製作者が伝えたかったことは何なのか? スパイ合戦の不毛さ? 戦争の否定? 家族の大切さ? CIAという組織の否定? 内容は真実っぽくて良かったと思う。 同時にCIAという組織の恐ろしさを感じた。 一般的にCIAってダークなイメージがあると思うが、この映画でもやはりそうだった。 日本人にはあんな仕事は出来そうもないが、日本にもあるのだろうか? 




posted by 王子 at 01:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。