2009年05月05日

仮想儀礼

小説「仮想儀礼」(著者篠田節子)を読み始めた。 夢を追いかけて脱サラした男が、詐欺?にあって全てを失う。 そこから物語はスタートする。 主人公は生きていくため宗教をネタにビジネスを始める。 というストーリー。 現代が抱えている問題点が浮き彫りになってきて、恐ろしいが、面白い。







posted by 王子 at 14:35| Comment(0) | TrackBack(0) | | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。